FAXDMクレーム対処方法についてご説明致しております。

FAXDMのクレーム対処方法について

クレームはの対処方法は?
FAXDMの広告が、先方にとってまったく無意味な内容の場合
「用紙・トナーなどが無駄になった」
「2度と送るな」
というケースがほとんどです。
丁重に謝罪し、配信停止FAX番号のご確認が必要です。
無意味なクレームを避けるため事前にFAXDM原稿の中に丁寧な断り書きを追記されることをお勧めいたします。
今後不要FAX番号は次回ご利用時に削除可能ですので先方FAX番号を確認頂きFAXDMご利用時当社へご連絡お願いします。
不要FAX番号リスト管理頂きますとクレームは少なくなります。
当サイト「初めての方へ(原稿作成方法)」参考
topfaxrogo FAXDM

FAXDMは開封率100%を誇る宣伝広告媒体です。
郵便ダイレクトメールと違いFAXで送信するため、 タイムリーな情報とFAXDMならではの低コストで全国に一斉同報送信することができるサービスです。
どのような営業方法にも多少のクレームは付いてくると思います。
FAXDMは、お客様にとって有益かつ必要であれば反響は大いに期待できます。

faqfter

ページの先頭へ